SR400VMX続き。

珍しく写真撮りながらやったんでカスタムブログっぽい感じで。

リアサスの長さ変更純正より長めの社外サスが最初から付いてたんですが

XT500クラスのサスに交換。

こんだけしか長さ変わりませんがこれがだいぶ印象違うんですよ。知らんけど。んでリアサス伸ばしてフロントも21インチにしたんでスタンドの長さを変えないと

ほぼ倒れそうな角度になるので、延長して、

延長だけでは怖いので見た目より性能重視で裏に補強も溶接

SRはスタンド立てたままでエンジンかける人も多いので、ここにはかなり荷重かかりますね。知らんけど。さて、とりあえず暫定足回りも出来たのでタンクイメージ

旧車のタンクを流用するんですが、

このままこんな感じで後ろシート側が浮いてすき間ができ、そのままステー作ってつけてるようなバイクをたまに見ますね…

ブログっぽいブログなので説明しますが、SRはフレームのメインチューブがオイルタンクの役目もしているため

普通より格段に太いんです。

(フレームの写真を撮らない辺りがブログっぽいブログに向いてない感出ますね…。)

だからかっこいいタンクでもトンネルが入らずに通常はそれが理由で諦めることが多いんです。

トンネルが太いという理由だけで流用で人気が出たタンクもあります。知らんけど。

 

が、今回はこのタンクでバランスよく!ってことなのでがんばります。

正直このタンクは案外トンネルが太くて深くて、ちょっと叩いたりして無理やり押し込めばいけそうなくらいのタンクだったりはするのですが、

全然いいじゃん!ありあり!!ってレベルのバランスにはなりませんので

ここは気合いでぶったぎり。

ボクはこれを鼻歌交じりで楽々完璧にキレイに仕上げる技術は無いので切った瞬間はいつも、

あ~やってまった、めっちゃめんどくさいのに切ってまった。という気分になります。

今回は内側をキレイにサビ取りしやすくなって、コーティングするときに安心じゃん?っと

自分に言い聞かせて切りました。

切る前にもう一度無理やりハメたら何とかならんかな?っと往生際悪く何度か載せたりしました。

が、やっぱり載せると位置決めもライン取りも好き放題、

かっこよくなるぜこのバイク!!っとテンションあがります。

だいたいのバランスが決まればあとはめんどくさい作業しか待ってません。

だいたいからの細かいスリ合わせはあんまり楽しくないです、ボクは。

しばらくはタンクと格闘かな。

っと本日はここまで。続きはあるのかな?



投稿日:2017/08/03